丹羽ふとん店の職人
by niwafuton
年末年始

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

さて、丹羽ふとんでの年末年始は毎年恒例行事しかなく、

私も産まれてから、ずーっと同じ年末年始を迎えております。

年末は29日まで仕立てなど仕事をし、30日は31日に行う餅つきの準備。

今でこそ私が担当するが、15年くらい前までは祖父の独壇場でした。

そんな祖父が初めて今年で70年目になり、私としてもこれは続けていくべきだと

思っております。

これも日本の文化ですからね。ふとんと同じです。

b0141538_17195873.jpg

そして31日は朝7時から15時まで餅つきをし、親戚・近所の方・友人が集まり

ワイワイとし、その夜は家族で食事をする。

年始も同じく親戚一同で食事をして、全員で写真を撮る。

この行事も祖父が始めて、38年になります。

とにかく年末年始は同じことを繰り返す。

僕はこの繰り返しこそが新年を迎える切り替えだと感じています。

花も蠟梅を飾り、鏡餅。

b0141538_17211013.jpg

昔ながらの風景と言われるかもしれませんが、本当に気持ちが良いですね。

繰り返すことが多い僕らの仕事は、常に同じでなくてはいけません。

勿論新たなことにチャレンジも大切だと思いますし、僕もしていく覚悟は出来ていますが、

根本がないと何も出来ないとよく感じています。

結局のところ基本が出来ていないと何も出来ない。

この基本的なところは、日々同じことの繰り返しから出来てくるものだと思います。

ふとん作りも空手も生活も全てがそうだと思っています。

今年一年も昨年同様に多くの方に心地良い睡眠を届けれるよう、

ふとん作りに邁進していきたいと思います。

よろしくお願い致します。



[PR]
by niwafuton | 2017-01-05 17:28
<< 伝統 お昼寝ふとんの使い方 >>


ブログパーツ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧