丹羽ふとん店の職人
by niwafuton
<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
夏の素材

6月も終わりに近づいていますが、なかなか暑さが出てこない感じがしますね。

しかし綿打ち工場はすでにスゴイ暑さになってきてます。

毎年夏はこれ以上に暑くなるので、熱中症対策を万全にしなければと思い始めています・・・


さて、夏の素材の話なんですが、

今は暑さを和らげる様々な素材がありますよね。

クールなんちゃらみたいな冷感素材が出てますが、

やはり日本の夏は「麻」ですね。



さて今日はそんな夏の素材の麻で作った座布団なんですが、

結構素材感も出ていて良い感じに仕上がりました。

色目は黒で、通常ふとん屋では夏の色には相応しくないのですが、

素材感が良く、お客様も色はOKだったので、仕立てさせていただきました。


b0141538_22165866.jpg


あまりこういった感じのものは少ないのですが、ご注文があれば承りますし、

僕自身こういった素材で魅せるものは結構好きですので、

気になる方はお問い合わせ下さい。いろいろなご提案が出来るかもしれません。


麻と言えば、前回書いたお昼寝ふとんも麻ですね。

こちらも生地が残りわずかになっています。

ある分が終われば今年分は終了となります。

 ↓ 収納時
b0141538_22192393.jpg


 ↓ 敷くとこんな感じです
b0141538_22213358.jpg



ということでやはり日本の夏は麻が一番ですね!!

丹羽ふとん店ホームページ
[PR]
by niwafuton | 2013-06-28 22:44
実演は楽しい!!
先日の土日と東急ハンズ名古屋店で実演を行いました。


毎年恒例のお昼寝ふとんです。


b0141538_23443716.jpg


この実演は僕にとってもの凄く大事な実演なんです。


何故かと言うと、実演を始めて、今年で8年目になります。

初めは何とも思わず、普通に作っていたので、

目に留めてもらえるのは、僕らの親世代より上の方ばかりでした。

結構言われたのは

「昔は綿入れやったよね」 

とか

「まだこういうのあるの?」


ってことが結構多かったですが、

最近では僕のような世代の方が、びっくりした感じで見てくれます。


「ふとんってこんな風に作るの?」


「綿のふとんフカフカだね」


「真綿ってシルクなの?こんなにも広がるんだね」


ってよく言われます。


以前は知っている前提の方が多かったのに、

最近では手作りのふとんがあることさえ知らない方が多い。


そして僕は実演をする際に一つ思ったことがあります。


木綿のふとんの文化を絶やしたくないと。


素晴らしい文化なのに、古いと思われるのは非常に残念です。


昔からある日本の文化。


日本人は無駄なことをしない民族と思っています。


そんな日本人が作ったふとん。


良いに決まっています。


しかし最近は様々な寝具が出ています。


もちろんそれはそれで良いと思います。


しかし実際にどんなふとんより木綿ふとんは気持ちよく寝れます。


僕の主観かもしれませんが、本当に良いです。


こうした思いを伝えられるのはやはり実演だと感じております。


そうした場を用意して頂いたハンズ名古屋店の皆様には感謝ですね。

b0141538_2331518.jpg



丹羽ふとん店ホームページ
[PR]
by niwafuton | 2013-06-19 23:52


ブログパーツ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧