実演を終えて。

b0141538_23394427.jpg
前回のブログでお伝えしました実演が終了いたしました。

名古屋で一番と言っても過言ではないくらいカッコいいインテリアショップのREAL Styleさんで楽しくふとんを作ることが出来ました。

2日間で大勢の皆様にご参加いただきありがとうございました。

いきなりですが、僕は実演が大好きなんです。

何故かと言うと

実際にお客様に見ていただくことで、もの凄く身近で毎日使う「ふとん」が出来る様を見ていただき、

木綿ふとんってこうやって出来るんだ。って感じていただけるからです。

『次ふとん買う時は木綿のふとんだよね』

って言っていただけたら最高の褒め言葉です。


中身が見えない布団って、実際何でも同じだよねって思われる方もいらっしゃると思います。

それはそれで良いと思っています。

しかしそれでは淋しいです。


何が淋しいって?


一生懸命作った木綿ふとんが認められないから?


木綿ふとんが買ってもらえないから?


いえいえそんなんじゃありません。

木綿ふとんの良い寝心地を体験できないからです。

木綿のふとんってホントに気持ち良いですよね。

あのふとんをお日様に干した時の心地良さって言ったら、使っていない人は解らないですよね。

使っていないのですから当たり前ですが。

僕は生まれてから、ずっと父親の作った木綿ふとんで寝ています。(今は自分で作っています)

旅行などから帰ってくると、母親がふとんを干しておいてくれると、疲れが吹っ飛ぶくらい心地良い思い出があります。

こんなふとんを体験できないのは本当に淋しいです。


しかし現状では職人の高齢化に伴って、確実にふとん職人は減っていっています。

今のままではふとん職人もいなくなり、木綿のふとんもなくなってしまいます。

伝統的なふとんという日本の文化もなくなってしまいます。

だから僕は少しでも多くの皆様に、ふとんってこうやって作るんですよって見ていただきたい。

木綿のふとんって本当に良い物なんですよって伝えたく、様々なところで実演をやらせていただいています。

そしてもっとふとん職人が増えることを願っています。

こういった機会を作っていただいたREAL Styleさんには本当に感謝しております。

ありがとうございました。


丹羽ふとん店ホームページ
[PR]
by niwafuton | 2012-05-01 23:41