マルグッダ通りのFUTON屋

明日からGWも後半に入っていきますね。

僕は前半の休みは読書をしていました。

GWということで旅行にでも、なんて思いますが、何処に行っても人・人・人だらけで、

嫌になってしまいますので、大体毎年近所にいるか、仕事をしてることが多いですね。

ということもあり、旅行には行きませんが、行った気になるために

松浦弥太郎さんの「場所はいつも旅先だった」を選びました。


b0141538_2347183.jpg



読んでいて、行ったことないとこばかりですが、

行ったことある都市があったりで何となくボンヤリ情景が浮かぶところが本当に楽しく、

一気に読んでしまいました。

読んでいてふと思い出したのが、

8年くらいに前に行ったローマでふとん屋を探していた時のことでした。

丹羽家では、旅行に行く際は現地の寝具店を見ることを義務付けています。

旅の目的の中で一つ必ずすることがあると、調べることも案外楽しく、

現地で探すのも苦労しますが、それも良い思い出になるので、毎回やっています。

調べていたら、ローマのマルグッダ通りにふとん屋がある情報を知りました。

マルグッダ通りってローマの休日にも出てくる有名な通りのはずでしたが、

向かうとそこは結構細い路地裏でした。

映画の中では賑わっていたのに・・・閑散としている・・・

そんな中、石畳を嫁と歩いたのを思い出しました。

b0141538_23345283.jpg


そこにはFUTONと書いてあり、どちらかというと日本的なインテリアショップって感じでした。

お店に入るとそこには畳にふとんがあり、その他にも南部鉄器など置いてありました。

ベッドスプレッドに漢字で「北海道」って書いてあって少しびっくりしましたが、

あれがカッコいいんでしょうね。

実はここに行く前にミラノに支店があることも知っていたので、行ったのですが、

シエスタで店が閉まっていて中に入れなかったこともあり、相当嬉しかったですね。


でも今調べたらこのお店なくなってるみたいでした・・・



他にもいろいろあるので、気になる方は聞いてみてください。




丹羽ふとん店ホームページ
[PR]
by niwafuton | 2013-05-03 00:01 | その他